CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
絵とガーデン・アンの庭
大きい画像見られます

NHK趣味の園芸

イラスト置場・水彩画をまとめました
旧ブログ
旧ブログ

旧ブログ
LINK
MOBILE
qrcode
OTHERS

絵とガーデン・アンの庭

30坪の菜園と荒れ地ガーデン・暑い日と寒い日と雨の日は絵を描く暮らしレポート・時々お料理
黄色と青
0

     

     

    ワトソン紙 19×17センチ

     

     

    ポピーがいっぱい咲いてるので

     

    (いつもなら惜しんで切れないところ)じゃんじゃん摘み取ってきて何枚も描いてるが

     

    ろくな絵が描けない

     

    小さいサイズですがこれは気に入ってます

     

     

    ところで4月の美術クラブは中止になりました初っ端から

     

     

     

    | 水彩画 | 05:48 | comments(0) | - |
    白も混じってた
    0

       

       

      ポピーの苗が珍しくいっぱい出来たからと言って植えすぎた。

       

      ポタジェのみならず、庭じゅう全部がポピー畑になっている。

       

      と言っても休耕田のポピー畑のように一面と言うわけでなく、ところどころに群れがある。

       

      なんぼお花畑が好きゆうても一応庭だから〜〜。

       

      ここら辺のポピーは買った種からの苗だったらしく、白と薄ピンクが混じってました。

       

      河津桜は満開を過ぎ散り始めました。

       

       

       

       

       

       

      | 2020早春の庭 | 06:00 | comments(2) | - |
      位置について用意
      0

         

         

        クレマチスの中でポーリッシュスピリットだけがにょろにょろ伸びてきてる。

         

        ぺんぎんさんみたく丁寧に誘引してやるとイイんだけど、いつも出遅れてしまうので、

         

        今回、心を入れ替えて、まだあまり伸びてないうちに鉢を定位置に移動させることにした。

         

        冬の間一か所にまとめて置いてたのを庭じゅうに動かしそれぞれ誘引用の支柱などを立てる。

         

        これがもんのすごくめんどーくさい!(←好きでやってるんちゃーうんかい!)

         

        明日からの水遣りもチョーめんどーくさい!

         

        日陰通路に置いたクレマチスは毎年花つきが悪いんだけど、かといってほかにイイ場所思いつかないし。

         

        あ、まだクリスマスローズも切ってません。

         

         

         

         

         

         

        荒れ地は緑が増えてきた。

         

        ここはkekoさんにもらったラグラスを植えてたんだけど、ラグラスは他にもあるし、

         

        (kekoさんラグラスを穂ごと送ってくださったのでいっぱい苗が出来た)

         

        まだ余ってるデルフィニウムの苗を植えたいな、ってなって、

         

        ラグラスを2株掘り起こして日陰通路に移植、そのあとを穴掘って肥料を混ぜ、

         

        デルフィを4本植えた(←狭すぎやろ!!!)

         

         

         

         

        まだお彼岸やのに桜咲き始めてるしね!

         

        先週は毎日山へスケッチに行ってて、おばあちゃんの枝垂れ桜が咲き始めるのを楽しんできた。

         

        染井吉野はまだだったけど、山中に突然一本桜が咲いてたりする、たぶん山桜?

         

         

         

        クロッカスは白もありました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        | 2020早春の庭 | 05:54 | comments(2) | - |
        すいかの穴
        0

           

           

          狭い畑をうまいこと回そうとして、玉ねぎの畝の端っこ1メートルほどずつキャベツを植えていました。

           

          春キャベツが終わったらそこに1本ずつすいかを植えるつもりだ。

           

          空いたところを耕して穴を掘り、堆肥を埋めておく。

           

          自家製堆肥は、畑の隅で落ち葉や草取りしたゴミ、庭の草花の残渣などどんどん積み重ねておいた。

           

          底の方から掘り出して、ほとんど土に還ってるところを使います。

           

          小指くらいある幼虫がコロコロ出てくる。

           

          たぶん、大型のコガネムシ、カナブンとか?

           

          拾い残しているかもしれないのでダイアジノンを散布。

           

           

          トマトの予定地も空いてるので同様に。

           

          底に元肥(やさい一号、アヅミン、カルシウム)を仕込んでいます。

           

          このあと畝を立ててボロマルチで養生しておきました。

           

          トマトやすいか植えるまであと1カ月くらいあるもんね。

           

           

          じゃがいもの芽がもう出ちゃってるので、黒マルチを剥がし不織布をべた掛けしています。

           

          まだ霜が降りる日があるから。

           

           

           

           

          九条ねぎは半分以上食べ残している。

           

          ほうれん草は黒ぐろしてきた。

           

           

           

           

          ちょっと空いてるところに来年用の葱と、ほうれん草を播きました。

           

          ほうれん草、今播いたら1か月で食べられるやろか?(←茄子の予定地)トンネルしとこ。

           

           

           

           

           

           

          | 2020春の菜園 | 06:00 | comments(2) | - |
          貝母百合のあたり
          0

             

             

            こっちのもじゃもじゃの部分は葉っぱは多いけど花はひょろんと数本だけ。

             

            ここから球根が移動したのか?すぐ近くに別の群れが出来、そっちはがっちりと花も多いです。

             

             

            次のシーズンまでにこの場所、株分けしてみようかな?

             

            でもミントさんから植えっぱなしの方がイイと聞いている。

             

            株分けしたらまた何年も咲かなくなっちゃうかも?

             

            別の場所のが咲いたらそれでもいいけど?

             

            いっそほかの場所に移動してみるとか?

             

             

             

             

            ここにリュウキンカなど夏場行方不明になりそうな小さい球根を集めています。

             

            ヒメリュウキンカは白っぽい花咲いてる。

             

             

             

             

             

            日陰通路で何年も植えっぱなしのヒヤシンス。

             

            これは何年たっても小さい花咲くのに、別の株は枯れてしまったようだ。

             

             

             

             

             

            花芽を持っているゲラニウム・ビルウォーリスを鉢に植えました。

             

             

             

             

            | 2020早春の庭 | 06:00 | comments(2) | - |
            エンドウと空豆
            0

               

               

              ここの水仙は去年植え替えたばかり。

               

              品種ごとに咲く時期がずれるので今咲いてるのはアイスフォーリスばかりですが、キレイよね。

               

              畦ではピピットも咲いてきた。

               

              柿を植えるときジャマになって掘り返して移植したのも咲いてるね。

               

               

               

               

              暖かくて花粉が飛んでるのか、山の方、なんとなくもやっと見える。

               

              チョウゲンボウらしき鳥が空中でホバリングしてるのを見たんだよー!

               

              望遠レンズ取りに行ってる間に飛び去ってしまった(どうせ遠すぎて写らへん)

               

              何か狙ってたんかな?野ねずみとか?小鳥とか?

               

               

              お彼岸だけどもう戻り寒波は来ないのかな。

               

              いつもなら4月の初めごろまで普通に遅霜があるから油断はできない。

               

              こないだもすごい霜降りてて、桜の花も傷んでしまった。

               

               

              スナップエンドウと絹さやと空豆のところを見てきました。

               

              よう草生えてるわ。草取りしとこう。

               

               

               

               

               

              前の年エンドウを早蒔きして失敗したので、今年は遅く播いたのに暖冬のせいで成長が早い。

               

              花も咲いてきました。

               

              モンシロチョウみたいやなーと見てたら、本物のモンシロチョウも飛んでました。

               

              モンシロチョウはネット越しでもそこにキャベツがあるってわかるんかな?

               

              キャベツのそばをうろうろしてましたね。

               

               

               

               

              空豆もすごい早い。

               

              今日たまたま趣味の園芸野菜の時間で空豆の手入れをしていたのを見たん、まだ小さかったけど、

               

              あれで普通だよねー。

               

              とりあえず枝を間引いて・・・とやっていたんだけど、どの枝にも花ついてる。

               

              今咲いてる花、実になるんやろか?

               

              どの枝を間引いたらエエんやろか?ワカランな?

               

              まあええか、空豆はそんないっぱい要らんもんな?テキトーで!

               

               

               

               

               

              春キャベツはどうせ食べきれないのでまとめて妹に。

               

              畑にあと2個、冷蔵庫に1個半あります。

               

               

               

               

               

              | 2020春の菜園 | 06:00 | comments(0) | - |
              倒木
              0

                 

                 

                マルマンスケッチブック2号 24×19センチ

                 

                 

                竹やぶへ行く途中に(たぶんヤマモモの)倒木がある

                 

                ヒノキ林に倒れ込んで周辺のヒノキを道連れにしているが

                 

                山仕事をする人がもういなくなって、ずっと放置されている

                 

                 

                倒れてから何年になるのか

                 

                幹は苔むして周囲は二人がかりで手をつないだら届くかなというくらい

                 

                大蛇のように曲がりくねり枝はもう朽ちかけている

                 

                ここまで大きく育つのに何十年?何百年?かかったんやろ?

                 

                これが朽ちて土に還るまで何年かかるんやろな?

                 

                 

                描いてる間ずっと頭上から降るようにウグイスの声が(まだヘタクソ)

                 

                遠くでキツツキのドラミング

                 

                時おり枝がピシッと鳴る音、どこかで鹿の鳴く声・・・

                 

                が聞こえていました

                 

                 

                これもっとちゃんと描きたいな

                 

                明日から毎日通ってデッサンしてくるかな・・・

                 

                 

                 

                | 水彩画 | 18:09 | comments(0) | - |
                クロッカスがカワイイ!
                0

                   

                   

                  秋に買った球根です。

                   

                  一度植えたあと通路の敷石をやり替えたんで、その時移動させたため、2個だけ少し離れている。

                   

                  以前に植えたときは細々と何年か咲いたあと消えてしまったので、

                   

                  今度は殖えて毎年咲いてほしいと、あまり掘り起こさない花壇の外側に植えています。

                   

                   

                   

                   

                   

                  ヨーロッパの原野のような、クロッカスやスノードロップが一面に咲いている野原を夢見ているが、

                   

                  うちの狭い荒れ地ではムリだ。

                   

                  でもあれは一概に原野と言うわけではないようで、都会の公園の一角とか?

                   

                  花後、球根を育てるために草ぼーぼーにしておくそうで、田舎の農地では草刈りしちゃうよね、

                   

                  ってことでした。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  他は水仙とポピーです。

                   

                  水仙は花の時季が長く嬉しい!ミニアイリスは数日で終わってしまった。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 2020早春の庭 | 05:56 | comments(3) | - |
                  チーズケーキと文旦シフォン
                  0

                     

                     

                    飽きて作らなくなっていたが久しぶりにシフォンケーキを焼いた。

                     

                    こないだの文旦ジャム入り。

                     

                    うまいこと膨らんだ。

                     

                    それに型から外すのも手間取らずきれいに剥がせるようになった。

                     

                    文旦ジャムのつぶつぶがアクセントになっていて爽やかなかんきつの味が気に入ってます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    チーズケーキはちょっと前に作ったものです。

                     

                    表面にクレーターが出来た!が味はよかったんです。

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 食べること | 05:54 | comments(0) | - |
                    ポピーの花束
                    0

                       

                       

                      ワトソン紙6号 41×32センチ

                       

                       

                      *************************************************

                       

                       

                      レベッカ/ダフネ・デュ・モーリア

                       

                      の新訳本を見つけて借りてきた

                       

                       

                      前にはまって2〜3回借りて読んだおぼえがある

                       

                      あれは誰の翻訳だったのか・・・と検索してみたらたぶん大久保康夫訳

                       

                      新訳は茅野美ど里さんで、現代風でわかりやすい訳になってて

                       

                      その分、大久保訳のあの薄昏い正体の分からない感じが減じてるかも

                       

                       

                      ゆうても前に読んでから10年かもしかしたら20年くらいたってるし

                       

                      話の結末は知ってるけど途中がうろ覚えで改めてドキドキ読んだ

                       

                       

                      この主人公、引っ込み思案で空想壁があり自信がないから何でも悪い方へ想像してしまう

                       

                      しかも実際に見てきたようにくっきりと想像されてさらに怖じ気てしまう

                       

                      絵を描くのが趣味だけど才能はないと自分でわかっている

                       

                       

                      というすごい共感できる21歳の女性で

                       

                       

                      マキシム好き好き大好きなのに

                       

                      「初恋という熱病は一度かかったら二度とはかからない」という冷静さも持ち合わせてる

                       

                       

                      冷静に考えたら「その男犯罪者や!」

                       

                      そもそも家名を重んじて人生をないがしろにするお武家さまみたいなヤツはアカン

                       

                      というところやけど、ドラマチックな展開で判断力が鈍っており

                       

                      イッキに読んで最後は「わたし」とマキシムの後ろに立ってぼーぜん・・・

                       

                      というところでしょうか

                       

                       

                      ところで「レベッカ」というタイトルですが女主人公の名前は一度も出てきません

                       

                       

                       

                      あと 遥かなる地球の歌/アーサー・C・クラーク

                       

                      は、よーワカランかった

                       

                      4メートルもある海老のお化けんとこはおもしろかった

                       

                      今月の百分で名著がクラークやから読もうと思ったんやけどイマイチ

                       

                       

                       

                      | 水彩画 | 12:24 | comments(0) | - |