CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
絵とガーデン・アンの庭
大きい画像見られます

NHK趣味の園芸

イラスト置場・水彩画をまとめました
旧ブログ
旧ブログ

旧ブログ
LINK
MOBILE
qrcode
OTHERS

絵とガーデン・アンの庭

30坪の菜園と荒れ地ガーデン・暑い日と寒い日と雨の日は絵を描く暮らしレポート・時々お料理
葉っぱの寄せ植え
0

     

     

    6月に植え替えたままです。

     

    メインのお花を一鉢買って植え替えたらいいのでしょうが、ギョリュウバイが咲いてきたし、

     

    ラベンダーの銀色の葉が目立ってコレはこれでイイかも。

     

    どうせ冬に鉢花買っても枯れるだけだし〜〜高いし〜〜。

     

    つーんで、テキトーに切り戻しておきました。

     

    ぼさぼさになってたカレックスをシャギーに刈り込んだらおしゃれな感じでイイじゃんか?

     

    シャギーって今言わないのかな?死語?

     

     

     

    | 2018秋の庭 | 05:59 | comments(2) | - |
    サルビア・マナウスに霜よけ
    0

       

       

      秋に買ったサルビア・マナウスとレウカンサ、とてもカワイイ花で枯らしたくないので霜よけします。

       

      朝日の当たる東側でもさすがに霜枯れしてきたからね。

       

      剪定したローズマリーの枝などでテキトーにまわりを囲い、ぐるぐる巻きにしておきました。

       

      地上部は枯れても根が冬越し出来たら春にまた芽が出てくると思う。

       

       

      あとやたらにたくさんできた千鳥草の苗を隙間に植えておいた。

       

      一本だけ夏越した宿根リナリアはつぼみがあるけど、これは咲かないだろうなー?

       

       

       

       

       

      | 2018秋の庭 | 06:18 | comments(0) | - |
      モズ撮れた
      0

         

         

        さくらんぼの枝のてっぺんにモズがいてしっぽをくるんくるんとやっている。

         

        熟し柿を残しておいた柿の枝にもなんかいる・・・?

         

        あ、ツグミが渡ってきたんやね。

         

        ツグミはいつも、正月明け、冷たい霜の降りた休耕田で見つけることが多いけど、

         

        今年は柿が残ってるから早く見つけられましたね。

         

        でもツグミは撮れませんでした(逆光で真っ黒)

         

        庭仕事をしてるとジョウビタキも見かけるけど、カメラ持ってないときばかりで。

         

         

        昨日は陽射しがたっぷりで穏やかな一日でした。

         

        布団を干して、掃除はそこそこに(←掃除せえよ)年末年始は大寒波がやってくるらしいよ?

         

         

         

         

         

         

         

         

        | 2018秋の庭 | 05:49 | comments(2) | - |
        挿し木の粉粧楼
        0

           

           

          ダービーなど誘引した時に剪定したつぼみを室内に置いてたら、意外と咲き始めた。

           

          カワイイやーん!?

           

           

          もうばらの仕事はナイはずだったのに、粉粧楼が3鉢あったのを思い出した。

           

          粉粧楼は雨降るとつぼみのまま終わる難しいばらですが、挿し木は100%つくのだ。

           

          親株は地に下ろした途端枯れたけど、挿し木苗が3本あり、捨てようかな〜と思ったころ花が咲く。

           

          秋はピンクのカワイイ花。

           

           

           

          捨てようかと思ってたけど思いとどまり、剪定しておきました。

           

          朝すっごい霜降りてて、鉢の土、かちかちに凍ってました。草取れへん。

           

          粉粧楼の挿し木苗3鉢とアイスバーグ。

           

           

           

           

           

           

           

          | 2018秋の庭 | 07:53 | comments(0) | - |
          スノーグースを誘引
          0

             

             

            霜が降りてもルドベキアは平気なんですかね?

             

            こんななっても昼間は何事もなかったように咲いてるんです。強いな〜〜!

             

             

            ばらの誘引が終わって庭仕事はもうあんまりないんだけど、ちょこちょこやり残した用事を。

             

            コーネリアの誘引が終わったので、下にたいまつ草と千鳥草の苗を植えたり・・・。

             

             

             

             

            ビバーナムを剪定して堆肥を敷き詰めたり・・・。

             

             

             

            クリスマスローズの古い葉を切って肥料を入れたり・・・あっ、これ花芽?

             

             

             

             

             

            おうちさんのスノーグースをここに下ろしたことを忘れていた。

             

            剪定して誘引、右側の鉢からクレマチス・マルチブルーが伸びてくる予定。

             

             

             

             

            河津桜の下も、レモンやローズマリーなど剪定して堆肥マルチング。

             

            ローズマリーは一度大木になって困った経験があるので、剪定ばさみで切れる程度に刈りこんでいます。

             

             

             

             

             

            | 2018秋の庭 | 07:58 | comments(0) | - |
            オールドローズ3鉢
            0

               

               

              バックヤードの鉢ばらなど剪定しました。

               

              カーディナル・ド・リシュリューとデュセス・ド・モンテベッロ、リシュリューとダービーの寄せ植え

               

              の3鉢はバス道沿いのフェンスに誘引しておきました。

               

               

               

               

              挿し木のばらなども全部剪定して葉を取りました。

               

              つぼみがいっぱいあったので集めて小さなアレンジを作り洗面所に置いてたら、

               

              目ざとくお嬢が見つけて褒めてくれた(褒めて伸ばす教育方針です)(←誰が誰を?)

               

              挿し木のバフビューティも一枝咲いてたんですよ。まだ小さい苗なので親とは違う花。

               

               

               

               

               

               

               

              | 2018秋の庭 | 05:48 | comments(0) | - |
              梯子のアブラハムダービー
              0

                 

                 

                最後の大物つるばら2本を剪定して誘引します。

                 

                洗濯干し場のコーネリアと梯子のアブラハムダービー。

                 

                 

                コーネリアは新しいシュートがいっぱい出ていて、木質化した古い枝を根元からバッサリ切った。

                 

                ちょっとすっきりしすぎたか?

                 

                 

                 

                 

                 

                アブラハムダービーは太いシュートが2本まっすぐ伸びていて、これを主に誘引しようとしたが、

                 

                固い枝を無理やり曲げようとしたら地際からの有望枝が裂けてしまった!

                 

                ショーーーックーーーー!!!

                 

                まあしかたない。

                 

                株の下の方にも花が咲くことを期待して短く切り詰めた。

                 

                固い枝をひっぱって曲げて梯子の裏表に花が咲くよう誘引したつもりです。

                 

                どうなるでしょうか〜?

                 

                 

                 

                 

                 

                ブルー・フォーユーとボニータルネッサンスは30〜50センチでバッサリ。

                 

                 

                 

                グラミスキャッスルは秋に掘り上げて植え替えたので、枯れないか心配していた。

                 

                新芽が出ているので大丈夫か?

                 

                 

                 

                 

                剪定して誘引したあと、テキトーに堆肥でマルチングしておきました。

                 

                前回のサハラ’98なども。

                 

                 

                 

                 

                 

                | 2018秋の庭 | 05:49 | comments(4) | - |
                バフビューティなど誘引
                0

                   

                   

                  倉庫の南壁面に誘引してあるサハラ’98とコーネリア、ベンチのバフビューティを誘引しました。

                   

                  前年の誘引をはずし、不要な枝を切り、葉をむしって剪定したあと、改めて誘引しなおす。

                   

                  今年はサハラがよくシュートを出して枝の数が増えている。

                   

                  どの枝を残しどれを切るのか、迷ったけど、古い枝を整理することが出来ました。

                   

                   

                  雨降った翌日(12日)でお昼前ごろから風が吹きはじめ、寒かったー!

                   

                  やってるときは気づかないんだけど、手が傷だらけになってて、炊事するとき痛い!

                   

                   

                  サハラ’98とコーネリア。

                   

                   

                   

                   

                   

                  バフビューティは古い木質化したつるばかりになってますが、一本だけ地際からシュートが伸びていて、

                   

                  これを大事にしようと思ったのに、誘引の途中で裂けてしまった(涙)

                   

                  でももしやに賭けて裂けたところをつないで誘引してみた。どうかな〜〜?

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 2018秋の庭 | 05:48 | comments(0) | - |
                  デルフィニウムの苗
                  0

                     

                     

                     

                    デルフィニウムの苗は一番大きいのでこれくらいになってます(9センチポット)

                     

                    根がよく回ってるのでポット増ししますね。

                     

                    バラなど植え替えたときの古土を再利用。

                     

                    13.5センチポットで14本あります。

                     

                    他にルドベキア・マーマレードが16本、リクニス・モルテンラバが3本。

                     

                    これらは3月ごろ、朝陽が早くなって霜がすぐ溶けるようになったころ地に下ろすつもりです。

                     

                    それまで霜よけフレーム内ですが、ナメクジが好むので(特にデルフィ)ナメトール散布しておく。

                     

                     

                    5本しか芽が出なかったホリホック・ピーチアンドリームズは15センチポットに格上げ。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 2018秋の庭 | 06:01 | comments(2) | - |
                    つるばらの誘引始めます
                    0

                       

                       

                      かわいいサルビア・マナウスに堆肥マルチングして、その上に梅花うつぎなどの葉っぱで防寒。

                       

                      マナウスは暑さには強いが冬越しは「暖地では越冬できる」となっている。

                       

                      寒さに耐えて来年も咲いてちょーね!

                       

                       

                      前日の雨がやんで冷たい冬の空気に入れ替わり、風がびゅーびゅー吹いて寒いよう〜〜。

                       

                      こんな日は家の東側で陽だまりになるバス道沿いの庭で作業をします。前日の続き。

                       

                       

                      道路沿いで作業してると美容院の時間待ちのおばちゃんが寄ってきて花の話して、

                       

                      「あそーや、ばらの挿し木苗いる?」と聞いたが断られ(トゲがイヤ)

                       

                      次は春に筍をあげてたおばちゃんで「よかったわ、アンさんに会えたらイイなと思っててん」

                       

                      と、でっかい梨を一個くれた。

                       

                      3人目のおばちゃんは自転車を止めて「切ったばらの枝もらっていい?挿し木するー」

                       

                      「いいよ、ハイ、はさみ、好きな枝を自分で切ってちょーね」

                       

                      夏以降伸びた太い若いシュートを持って帰ったけど、あんなんで挿し木つくかなあ?

                       

                      古い枝のほうがつくんちゃーうんかな?

                       

                      でもアタシもいつも失敗ばかりなので黙っといたけど。

                       

                      3人とも、じじいの患者さんでした。

                       

                       

                      ばらの葉を取って剪定し、梯子をかけて誘引しました。

                       

                      手前から、バロック、アイスバーグ、プリンセス・シャルレーヌ・ド・モナコ、

                       

                      レイニーブルー、ダム・ド・シュノンソーです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      P・シャルレーヌは春の花後びゅーーーんと伸びて2メートル以上になっていて、

                       

                      つるばら扱いにすればいいのか?低く剪定するのか?迷ったけど、つるばらを増やすと大変なので、

                       

                      バッサリ切りました。

                       

                      どどどどうなるのか・・・?心配です。

                       

                       

                      (趣味の園芸の専門家の話では、二段構えで剪定するといいそうです。

                       

                      予定の高さの倍くらいの高さで一度剪定し、

                       

                      「もう一回切るからね」とばらに言い聞かせておき(笑)(←だってそう言うんやもん)

                       

                      10日ほどたってから予定の位置で剪定する)

                       

                       

                       

                       

                       

                      クレマチス・ポーリッシュスピリットとマーガレットハントは強剪定なので地際からバッサリ。

                       

                      中剪定のフービとラプソディは芽を確かめて切りました。

                       

                      ラプソディはいい芽が出てるけど、フービは夏枯れそうになってたので不安。

                       

                       

                      最後に剪定枝と落ち葉を掃き、堆肥マルチしておきました。

                       

                       

                       

                       

                      | 2018秋の庭 | 05:45 | comments(0) | - |