CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
絵とガーデン・アンの庭
大きい画像見られます

NHK趣味の園芸

イラスト置場・水彩画をまとめました
旧ブログ
旧ブログ

旧ブログ
LINK
MOBILE
qrcode
OTHERS

絵とガーデン・アンの庭

30坪の菜園と荒れ地ガーデン・暑い日と寒い日と雨の日は絵を描く暮らしレポート・時々お料理
咲いてきた!
0

     

     

    kekoさんのフロックス・クリームブリュレ。

     

    もらったときもう大きい苗に育っていて、定植後すぐ咲き始めました。

     

    これ・・・春播きだと思ってたんだけど秋播きだったのかな?

     

    アタシが種まきしたブルーなんとか(←忘れた)はまだ本葉が数枚出たところです。

     

     

    カワイイんだけど名前がおいしそうでプリン食べたくなってしまう。

     

     

     

     

     

     

    その後ろにちらっと写っているミニダリアは今年初のフレスコ・ミックス。

     

    おじいの畑に昔からある真紅のミニダリアがイイなあと思ってたんだけど、これだったのか?

     

    この冬貯蔵していた球根が全滅だったので、ダリアは種まきからやり直しです。

     

    フレスコ・ミックスといつものレッドスキン。

     

    フレスコのほうが先に咲き始めました。

     

     

     

     

     

    上の2本はダークな赤で好みです。下はそれよりも鮮やかな赤。白黄色ピンクもありました。

     

    これからどんどん咲いてくると思う。

     

     

     

     

    めーめーさんが株分けしてくれたバーバスカムも咲きましたよ。

     

    咲かないまま夏が来て枯れると思ってたので嬉しいよー!イイ色ですね。

     

     

     

     

     

    新たに買ったガーデンアルストロメリアはこんな色(よくある色ですね)

     

    去年までのパープルと全然印象が違うので何と合わせるか考え直さないと。

     

    ・・・偶然ですが上のフロックス、バーバスカムと同系色ですね?

     

    これに合わせた植え方を考えよう(枯らさずに来年も咲かせられると仮定して)

     

     

     

     

     

     

    | 2019春の庭 | 06:24 | comments(4) | - |
    次はクレマチス
    0

       

       

      相変わらずクレマチスの誘引がうまいこといきません。

       

      今年もつるが絡まってどーしよーもなくなってしまった。

       

       

      ラプソディとフービ。

       

       

       

       

       

       

       

      マーガレットハントはつる・バロックに、

       

      ポーリッシュスピリットはアイスバーグの枝に、それぞれつかまってます。

       

      ばらが終わったころに咲き始める。

       

       

       

       

       

       

      白王冠の二度目の花。

       

       

       

       

       

      | 2019春の庭 | 10:59 | comments(2) | - |
      アーティチョークです
      0

         

         

        「アンさんアレなに?」と聞かれる頻度が一番高いのがコレ。

         

        今年も聞かれました。隣のねーちゃんに。

         

        「アーティチョークです」と答えてもピンとこないらしい(そらそーやな)

         

        大きなつぼみから見て、どんなキレイ花が咲くのか?と期待してるみたいだけど・・・。

         

        いや、花はたいしたことないからね?

         

        蕾の時から竜のうろこみたいなのが少しずつ開いていく感じがおもしろいと思うんだ。

         

        苗がいっぱい出来たのであちこちに植えこんでます。

         

        日陰通路のあたりは野ねずみに根を食べられて消えてしまったけどね。

         

         

         

         

         

         

         

        千鳥草などだいぶん抜き捨てて、スカスカになってます。

         

        今まで埋もれていたポテンティラ・メルトンファイアーが上がってきた。

         

         

         

         

         

         

        | 2019春の庭 | 06:26 | comments(4) | - |
        バス道沿いの花壇
        0

           

           

          チャイコフスキーは半分枯れてしまい春の花は少しだけでした。

           

          ジ・アルンウィックローズとサマーウインド。

           

          いずれも咲き終わっています。

           

          プリンセス・シャルレーヌ・ド・モナコはまだちょっと咲いてる。

           

           

           

           

           

           

          種取り用を残して千鳥草とスイートロケットを抜き取り、梅花うつぎを切り戻しました。

           

          こざっぱりしましたね。

           

          今週末にも梅雨入りか?とか言ってるからね。

           

          去年買ったサルビア・マナウスとレウカンサは芽が出てこない(枯れたな・・・)

           

           

           

           

           

          3月に種を播いて育ててきたミニダリアが咲き始め。

           

           

           

           

          プルネラ・フリーランダーは去年の株が冬越しして満開。

           

           

           

           

          | 2019春の庭 | 05:56 | comments(0) | - |
          宿根亜麻と千鳥草
          0

             

             

            亜麻は小さい小さい苗だったけど数は多くでき、2〜3本ずつ方々に植えておいた。

             

            朝はぱっちり青い瞳、日差しの強い日はお昼ごろにはもうしなしな〜〜。

             

            小雨が降るような日は夕方まで咲いてます。

             

            かわいいな〜〜今年は種いっぱい採れたらいいな。

             

             

             

             

             

             

             

             

            千鳥草はこぼれ種で出てくるんだけど、万一を考えてポット苗を作っておく。

             

            ポット苗は使わなくてもこぼれ種だけで十分足りるのに、せっかく作ったんやからな、と植えるでしょ。

             

            ポット苗を植えたところは肥料が効いててすごい大きくなる。

             

            それにポットで根が回ってて水をうまくあげられないのか?下葉が枯れ込んでキタナイ。

             

            こぼれ種で勝手に生えたところの方が自然でしなやかな感じでキレイなんです。

             

             

             

             

             

            荒れ地じゅうに咲いた千鳥草やジキタリスを抜きました。手押し車に2杯分。

             

             

             

             

            で、すいかの敷き藁代わりに・・・。

             

            なんと豪華な敷き藁ではないか?(すぐ枯れて茶色なるわ)

             

             

             

             

             

            | 2019春の庭 | 05:50 | comments(4) | - |
            グラミスキャッスル
            0

               

               

              去年の夏の終わりごろベンチの前に植替えていました。

               

              根を切ってしまったので心配してましたが生きてた!一番花はたった3つだったけどね。

               

               

               

               

               

               

               

              白花あけぼのふうろが満開。

               

               

               

              ロサ・ルゴサ・ピンクグレストンとホワイトグレストン。

               

               

               

               

               

               

              | 2019春の庭 | 11:47 | comments(0) | - |
              ばらは色褪せ愛は戻らない
              0

                 

                 

                先週、初めてホトトギスの鳴く声を聞いた。今までにも鳴いてたのかもしれないけど?

                 

                ホトトギスが鳴くころは夜明けが早くなって朝起きるのが楽。

                 

                家事はテキトーにやって朝早いうちから庭仕事に取り掛かります。

                 

                 

                上の画像はレイニーブルーが満開だったころ。

                 

                キレーだったけど、もう散ってキタナイのでとっとと切り戻しました。

                 

                ここら辺の鉢ばら、地植えのばらも一通りお礼肥えをやっておく。

                 

                 

                一季咲きのオールドローズとクレマチス天塩をテキトーに剪定して鉢ごと撤去。

                 

                フェンス際がスッキリしました。

                 

                これから蒸し暑くなるからね、暑いときはスッキリが一番。

                 

                 

                 

                 

                撤去した鉢はバックヤードに移動します。

                 

                左から、クレマチス天塩、アブラハムダービーとリシュリュー(1鉢に2種入ってます)

                 

                リシュリュー、デュセスドモンテベロ。

                 

                天塩は一季咲きなのに夏の間もつるばかりどろどろ伸びて扱いにくい。

                 

                これからクレマチスを増やすときは強剪定の品種に限るな。

                 

                 

                 

                 

                挿し木のばらは花を見て名札をつけ、大事なヤツは植替え、どうでもイイのは枯れない程度に維持。

                 

                あら?あれ何んやろ?挿し木のなかできれいなバラ咲いてきた?

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                アルフォンスドーデらしいです(名札付けとく)

                 

                雨の前に咲いた花はキレイだったけど、雨にあうと花びらの外側が傷んで咲いてもキタナイ。

                 

                ばらのことは何もわからないまま花の色形で選んで買うからそーなるんやな。

                 

                もっとよく調べて丈夫で長持ちな品種を買えばイイのに。

                 

                 

                挿し木苗は木を育てる方に重心を置くので、つぼみは切り取り、追肥して整理しておいた。

                 

                 

                 

                 

                 

                | 2019春の庭 | 05:51 | comments(6) | - |
                ダム・ド・シュノンソー
                0

                   

                   

                  ダム・ド・シュノンソーをまだ上げていませんでした。

                   

                  今年はすごいつぼみの数だったので、咲き始めるころからどんどん切って花束に入れていました。

                   

                  誘引した後ろ側に伸びて、見えないところで咲きかけてる枝や、下の方に垂れ下がった枝は自分用に。

                   

                  まだ気温が低いころが花の色も形もキレイだったな。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  今は残り僅かになっていて、クレマチスに代わってきました。

                   

                  フービは去年の秋、もう枯れたかというくらい弱っていましたが復活ー!

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  | 2019春の庭 | 09:10 | comments(0) | - |
                  挿し木のばら
                  0

                     

                     

                    挿し木はへたくそなので、数打ちゃ当たる式。

                     

                    秋の剪定枝をいっぱい挿し、半年後にポット上げ、少しずつポット増しし、花を見て名札をつける方式。

                     

                    今年も黒ポットの苗からシュートがびゅーーんと伸びて花咲いてきました。

                     

                     

                    こ・・・これはっ!?

                     

                     

                     

                     

                    ア・シュロップ・シャイアラドではないのかっっ!?

                     

                    すごい勢いのいいシュートなので「どうせバロックやろ」と思ってたけど花が違う!

                     

                     

                     

                     

                    ほら〜〜やっぱりシャイアラドちゃーうか?

                     

                     

                    ちょっと首をうなずかせて咲くようす、葉っぱの感じから、記憶をたどり・・・。

                     

                    なぜなら親株と比べようにも去年コガネムシに根を食べられ枯れてしまったからね。

                     

                     

                    枯れる前に挿しておいたのが一本でもついてたらなあ、という願いから、

                     

                    シャイアラドと名札をつけていた苗がどうやらダービーらしいとつい最近わかったところで・・・。

                     

                     

                    画像検索で比較してたら・・・あら?アタシ、名前間違って覚えてたんですね?

                     

                    ア・シュロップシャー・ラッドが正しいようです(あるシュロップシャーの若者って意味?)

                     

                    画像によって全然違ってて比べようがないんだけど、うちにある(あった)ばらで一番近いのがそれ。

                     

                     

                    ちゅーわけで・・・これは・・・たぶんそう・・・のような気がする・・・。

                     

                     

                     

                     

                    となると、いち早く大きく育てたいのでポット増ししておくよ!

                     

                    15センチ黒ポットから19センチポリポットへ。

                     

                    ついでにダム・ド・シュノンソーらしい1本(右下のつぼみ)も。

                     

                     

                     

                     

                     

                    人気のレイニーブルーももう一本あった。これは去年挿したと思われ、まだ小さい。

                     

                    13センチ黒ポットから15センチポリポットへ。

                     

                     

                    趣味の園芸でばらの新苗の育て方をやってた。

                     

                    今(買った苗を)鉢増しし、2か月後にもう一度鉢増しするんだって。

                     

                    新苗とは違うけど、挿し木の赤ちゃん苗も同様でいいんじゃないのかな?

                     

                     

                     

                     

                     

                    | 2019春の庭 | 06:01 | comments(0) | - |
                    バフビューティを切るよ
                    0

                       

                       

                      雨の前日、ベンチのバフビューティと洗濯干し場の目隠しコーネリアを切り戻しました。

                       

                      すっごい花咲いてキレーだったんだけど、もう咲き終わってきたし、

                       

                      これで雨降ったら花びらが地面に張り付いてキタナイな〜、って思ってね。

                       

                       

                      切っちゃう前、満開だった時のコーネリア。

                       

                      裾から鉢植えのクレマチスが伸びて花咲き始めた。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      手押し車いっぱいの花がらが出ました。

                       

                      ばらの剪定枝はトゲトゲが痛いので堆肥置場ではなく畑の外に持ち出します。

                       

                      バフビューティはこの辺だけ遅く咲いたので残しておいた。

                       

                      2週間、毎朝ばらの花がら切りをして散った花びらの掃除をしてきた。それもあとわずかです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | 2019春の庭 | 05:58 | comments(3) | - |